Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



新入社員


2018年4月6日(金)
帰国翌日から、息子の会社生活も始まり、
一気にオレゴンの夢から覚め、日常に引き戻されてます。

そう!
息子は、一緒に探し歩いたマンション、キャンセルし、
自宅から通勤することに決めたのです。
通勤40分くらい、、、
でも1時間前には出ますし、
そんなに近くないけど、通えなくもない。。
仕事遅くなると、近い方が楽だし、
迷いますね~~。
でも、家だと洗濯やアイロン、食事だって気にしないでいい(*^^*)
一長一短。
結局、家賃かからないから、自宅にしたようです。
母親としては、初めての社会人生活。
頑張りすぎたり、擦りきれたり、、、
そんな時、そばにいた方が安心な気がしています。

バタバタと、
名刺入れがどうの、
ワイシャツは何枚必要で、
ベルトに靴に、とあわただしく準備しましたが、
何と、息子はこんな雑誌をゲット。
必要な物から社会人マナーまで、事細かに説明されていました。
えっ、ワイシャツは、白に水色無地が各2枚、
更に白と水色ストライプも各2枚、
その上、差し色にピンクかラベンダーの物も無地とストライプ1枚ずつ?
10枚、そんなに~??
ピンクやラベンダーは、息子には無理では、、、?
それ除いても8枚、
結構いるものなんですね~。。。
さすがマニュアル世代、
マニュアル、、、結構役立つかも。




スポンサーサイト
田舎の解体
2018年3月21日(水)
怒涛のような変化の季節。
お引越しの手伝いでばててる間もなく、
田舎の解体のチェックに行って来ました~。
渡米前に、やっておかないと、ということで。

M3391草取り前
夏に空き巣が入った頃は、こんな感じ。
ここに写っているところより、更に奥にある家は、全く見えません。
というか、ジャングルで、たどりつけませんでした。
祖父母の家で、母が元気な頃は、チェックに行ってくれていましたが、
事故以来、手が回らず。。。
M0249草取り1
これではいけないと、とにかく草取りを手配。
2日がかりで、大勢で取り組んでもらって、すっきりしましたが、
まだ母屋が見えません。
M0357草取り2
しばらくして、今度は木や竹も取り除いてもらいました。
とにかく、4棟ありますから、解体費用もかなりなもの。
悩んでいたところ、同級生の方が相談に乗ってくれ、
随分便宜を図ってくれたので、
私も決心したのです。
私は、両親に育てられたのでなく、祖父母に育てられましたので、
ここは、子供時代の私にとって、全世界だったところ。
離れて40年経ちますし、なかなか行けない不便な場所ですが、
そこにあるということが、何だか心の支えのような部分もあり。。。
でも、空き巣だけでなく、侵入者が火事を出してもいけないし、
古くて住めるわけじゃないので、
思い切るしかないですね。

M3159解体後
今回、解体が終わって行ってみると、
見事に何にもない。。。
あっけないものですね~~。
なかなか踏み出せないことは、
人の手を借りるのが良いのかもしれませんね。

寂しい気持ちになりますが、
もともと想い出は、心の中にあるものだから。。。
新しいスタートをしていきましょう。


娘の引っ越し



2018年3月19日(月)
レッスン水曜金曜の後は、
娘の移動で、お引っ越し手伝いでした。
川崎から、宇都宮、遠くなります~。

引っ越しシーズンで、どの引っ越し屋さんも混んでて、
平日の上、時間指定なしでお願いしたらしく、
積み込みに到着したのは、3時頃。
積み込んで、宇都宮着は、もう8時。
娘と二人、引っ越し屋さんが運び込んで来るそばから、
ダッシュで開梱。
二人いないと出来ないクローゼットの組み立ても最優先。
イケアの家具は組み立て大変なんですよね。。。
何と言っても、まだ3月末まで川崎勤務あるので、
何とか最終の新幹線で帰らないといけなくて~~。
ギリギリまで頑張って、ハッと見ると10時半。
駅まで走り、無理かも~~、(^^;
の途中でタクシー拾えて、ギリギリセーフ。。。
夕食抜きだったし、テイクアウト・スイーツで、ちょっと引っ越し祝い。
こういう時、スイーツは重要ですね~♪♪

家に着いたのは、日にちが変わってから。。
土曜の荷造り手伝いの時も、夜中2時までかかったし。。
金曜に研究発表あったから、準備に追われてたので仕方ないけど、
若者はスケジュールめいっぱい、
お引っ越しも余裕なくて大変ね~~。
誰に似たんだか、、、
・・・私?
新しい病院で、更に頑張って欲しいものです。

旅立ちの季節ですね♪♪
皆様も良い春になりますように。


田舎の家




2017年10月24日(火)
月、水、金曜のレッスン終わったので、実家へ。
今回は懸案事項だった、祖父母の家のメンテ手配もあるので、平日にしました。
台風の後のクリアな空。

父は元気でしたが、
更に田舎にある家は、そうじゃなかった。。。(>_<)
母の事にかかりきりになって放置になっていた、祖父母の家。
長く空き家でしたが、空き巣に入られたとの連絡あって、、、
放置も出来ず、まずは草取りをお願いしようかと。
家と言うよりジャングル、
広い敷地に立つ離れは、茂みが深くて見えません。
決死の覚悟で、虫除けスプレー持っていったのに、
虫が怖い私は、とてもそこまで、たどり着けなくて。。
怖い、怖すぎる(TT)(TT)
ハロウィンにはピッタリ。。。
ダメ、限界、、、これ以上踏み込めない~(TT)(TT)
今回は草取り手配まで。。。

空き巣
2017年9月16日(土)
先週末は、実家で一周忌でした。
そして、そのついでに、更に田舎の家のチェックに立ち寄ることにしました。
交通の不便な場所にありますが、母の実家であり、私が育った家でもあります。
もうそこを離れて40年、
住んでいた大叔母が亡くなってから15年空き家になっていました。
母の事故の前は、父母で時々見回りしてくれていましたが、
事故以来、病院の往復、様々な手続き、
それから父の生活を調えることだけで精いっぱいで、
とても、誰もいない家のメンテナンスまで出来なかったのですが、
そろそろ、草取りなど、手配しておかないと、、、と思っていたら。。。
東京電力の検針の方から連絡。
鍵が壊され、泥棒に入られているらしいとのこと。。。
特に盗まれるものもなかったはずで、
父は警察に届ける必要もないと言います。
どの程度の状況なのか、、、
見知らぬ人達に住まれていても困るし、、、
放火、出火なども心配です。

と、分かっていても、
やっと新盆を終え、母の一周忌で一段落、
弁護士さん関係は残っていますが、
リフォームで、気持ちも未来に向け、
もう仕事に専念したい。。。
そんな最中に、今度は空き巣?
・・・・・
沈む心を、叱咤激励して、立ち寄ったわけです。
1年10ヶ月放置された田舎は、もう草取りレベルでなく、藪をかき分け。
SosaN2973.jpg
本当です。。。壊されています。
昔は、鍵など閉めないほど、のんびりした場所でしたが、
空き家になったので、鍵を閉めるようにしたんですね。。。
中に入ると、
SosaN2974.jpg
7つの部屋の引き出し、押し入れなど、全て、
お仏壇さえ遠慮なく、引き出されて、荒らされていました。。。
こんな田舎で何もないと思うのですが、
空き家になってしまった家には、何かしら、
処分されないで残っているものも、ある場合もあるのかも。。。

犯罪現場の生々しさや、、、
荒れ果てた田舎の様子、
剥落するほど古くなってしまった家、
なんだか思いのほか、衝撃を受けてしまいました。
頭の働かない中、位牌だけは何とか運び出しました。

この後は、住まないのだから、解体?という案も。。。
田舎なので、土地は広いし、家も、母屋だけでも7部屋ありますし、
敷地内に、他に2棟建っているので、
かなり大掛かりなことになります。。。
う~ん。。。頭が痛い。

一周忌を終え、東京に戻ってからも、
しばらく滅入ってしまいましたが、
トールペイントの仕事をしているうちに、
やっと、気持ちが調って来ました。
文章を書くのがなかなかうまくいかず、
メールのお返事や、ブログも停滞してしまい、
失礼いたしました。m(__)m
トールペイントは、写経のような、、、
心を落ち着かせてくれるものでもありますね。

私達の年代は試練も幾つか重なることもあります。
トールのような、何か、自分に戻れるものを持って、
何とか、やり過ごすしかないものは、やり過ごして、
乗り越えていけたら、と思います。