Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



柏アシーナさんセミナー


2015年12月15日(月)
アシーナさんでのセミナー、
カナリアのデモボードにも、
第2シェードまで入れたカナリアを描いておきましたし、
準備万端と思われたのですが、、、
もう一段階あるとスムーズかしら?
・・・と思ったのが、運のつき。
結局朝4時半までかかって、6時半起き。。。
目のクマを作らないでセミナーに臨む、という
私の野望は、なかなか達成しません。
どんなお仕事も、完成、100%ということはなく、
こうしたら、もっと、、、という部分が必ず見つかります。
だから、余力残すと、もっと良いものに出来たのでは、、、
と、後悔が残ってしまうのがイヤなのかも知れませんね。

セミナーは、皆様素晴らしいカナリアが、続々完成。
才能溢れる筆致が羨ましい、
命の鼓動まで感じさせるカナリア、
つぶらな瞳のキュートなカナリア、
端正な表情の、毛並みの美しい美人カナリア。。。
通常クラスでも、
フワフワの柔らかい羽毛のカナリアや、
優しい軽やかなカナリアなど、様々で、
生き物は、個性が強く出るのが面白いですね(*^^*)

用意したデモボードは、いつも、
ご参加の方でジャンケンなどでお持ち帰りいただきますが、
あまりにも皆様のカナリアの完成度が高くて、
お渡しするのが、ちょっと恥ずかしいくらい。。。

少人数の良いところは、
皆様との会話がはずむことも。
作った混色について、
「マクベスの『綺麗は汚ない、汚ないは綺麗』を思い出しますね」
とおっしゃるのは、かつてのヨーロッパのサロン文化を日本で出来るとしたら、
その方をおいて他にはいないと思われるマダム。
私も古い文学の記憶の糸をたどり、
「マクベスの中で、、、それを言ったのは、魔女だったかしらね」
やはりアートは、美術としてだけでなく、
文学だったり、音楽だったり、
他のたくさんの文化と関わって、更に豊かになるのですね。

プレゼントにいただいた、小鳥の置物が、
まさにこの作品にぴったり、
小鳥が王冠をつけていて、、、
ビックリするやら、感激するやら。。。
更に想い出になる、大事なひとときとなりました。
ご参加、ありがとうございましたm(__)m

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する