Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



MDA取得
2015年5月17日(日)
今回のSDPコンベンションで、MDAの最後のカテゴリー、
スティルライフに合格して、MDAになりました。
MMDSCN0934cut.jpg

CDAやMDAは、SDPの行っているサーティフィケーションのプログラムで、
課題デザインをペイントするのですが、
詳細な項目に渡ってクリティーク(評価)をいただくので、
色彩理論の勉強になります。
2003年にCDAになり、
2005年にMDAのフローラル部門、
2006年にMDAストローク部門に合格しましたが、
それ以降、スティルライフがなかなかパスしませんでした。

オリジナルデザインを起こすのが、私の本業ですので、
指定デザインで描くMDAは、かなり窮屈で、
自分勝手に、どこかこだわって描きたくなってしまいますし、、、
また、いつも家庭のことや締切に追われていると、
MDAの作品に割く時間より、新作デザインが優先度が高く、、、
何とか無理やり時間作っても、提出締切2週間前がやっと。
本当は、1ヶ月、2ヶ月かけて、色彩の調整をしたいところですが、
2週間では、どうしても描き上げるだけでもギリギリで、、、
でもクリティークをいただくのが勉強と思い、
何とか提出だけしてました。
途中、それまでの勉強で、ある程度、色彩が分かって来ていれば、
最後まで取得しなくても、私のデザインの仕事にはもう良いのでは、と思ったり。
でも、後1歩で合格が何年も続いたので、
やっぱり、ここで辞めるのも。。。。
結局12年も欠かさず描くことに。
最終的に高得点で合格することが出来、
12枚のクリティークで得た、たくさんの間違い、
それから褒めていただいた良い点、
それらは、私の糧になる気がしています。

会場では、たくさんの方が、立ち上がって拍手を送って下さり、
やっぱりコンベンションに参加していて良かったと思います。
審査員の皆様には、献身的なお仕事、丁寧なクリティークに加え、
いつも励ましていただき、感謝しています。
ありがとうございました。m(__)m
MMDSCN0936cut.jpg
審査員の一人、Jeanはいつも優しくしてくれて。m(__)m
MMDSCN1081cut.jpg
審査員のLisaと今回の審査員長Sue。ハリウッドスターみたいなお二人です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する