Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



父の入院


2015年5月30日(土)
ワンディ・レッスンの翌日は、
父が前日入院して、処置日でしたので、
朝からバタバタと田舎へ。
食べられそうな差し入れ、
周りの方へのご挨拶品、
アメリカのお土産、
私の宿泊道具、
あ、母のお弁当もいるかしら?
と、次々と思い付いて、
何だかドッサリの荷物になってしまいました。(^^;

治療は順調そうでしたし、
比較的、心配ないと思いつつも、
高齢なので、いろいろ気掛かりで、
母が泊まろうかと思っていたので、
私が代わりに病院に泊まることにしました。
泊まっても、そんなに出来ることもないのですが、
ただ寄り添うだけでも、
気持ちの持ち方が、明るくなると良いと願って。

翌日の検査次第で、追加治療が必要か決まって、
それもしばらくは経過観察で良いとなり、一安心。
発熱なければ、土曜日のスピード退院決定。(*^^*)
一旦東京に戻り、
退院には、息子も連れ、
皆で車で迎えに行くことにしました。
母がいるので、タクシーで退院でも良いと言っていましたが、
都合が付くなら、孫の顔を見たり、
皆で迎えに来てもらったことが、
元気のもとになると良いと思うので。。。
高齢なので、、、体力面は勿論衰えていますが、
そういった気力的なことも、
即、体調に影響する気もしています。
今回は、私も家族も動けて、
本当に良かったです(*^^*)
また、そういうように動ける体制に、
持っていかなくてはいけない年代でもあると、
痛感しました。
・・・今から、やっとJDPA!!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する