Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



善意
2015年7月15日(水)
つい先日会った知人の体調が良くない、と複数筋から連絡が入りました。
治ったと思っていたのに、再発したらしく、、、
遠い場所から、胸が痛みます。。。
連絡は大きく分けて、二つの流れ、
一つは、募金。
もう一つは、千羽鶴を折って、渡そうというもの。

募金は、彼女の夢を叶えることに使ってもらう主旨ですが、
高額な医療費の補助にしてもらってもいいし、
実際的に役立つのでは、と思います。
千羽鶴は、一羽ずつに、治ってほしい、思いを込められる気がします。
それを彼女が見たとき、たくさんの人が、
彼女の回復を祈っていることが伝わって、
少しでもエネルギーになると良いと思います。
私は、どちらの企画にも参加させていただくことに。
彼女のために出来ることがあまりにもないので、、、
こういった企画に感謝しています。

というわけで、15年ぶり?くらいに
鶴を折っています。


世の中は、悪意や、、、意地悪、人を蹴落とす嫉妬、辛辣な敵意に満ちていて、
自分が直面すると、深く傷つき、
全てを投げ捨てたくなることもあります。
でも、こういった人を思う善意、思いやりには、
救われる気がします。
それが自分に向けられた善意でなくても、
その尊い気持ちには癒されます。
彼女の笑顔に再び会えることを願うだけ。
それが一番大事なことです。
どうぞ、順調に治療が進みますように。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する