Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



ブダペスト観光





2015年9月11日(金)
ブダペスト観光は1日なので、
ちょっと忙しく、1日中歩き回りました。

午前中は、世界遺産のブダ地区の王宮へ。
マーチャーシュ教会の美しさは、
「ブダ城の宝石箱」と言われるそうです。
色の美しさや文様のパターンに、
ビザンチンの影響があって独特。

夜景で美しかった国会議事堂は、中も必見。
国会議事堂という性質上、自由に見学は出来ず、
ツアーに申し込んで、セキュリティチェックも受けて、見学します。
装飾も豪華で、金箔もふんだんに使われ、
さすが帝国議会と、圧倒されます。

一休憩で入ったのは、カフェ「ジェルボー」。
美貌のエリザベート妃も通ったという老舗のカフェです。
エリザベートは、ハンガリー国民に愛されていて、
エリザベートの名前の入った橋や広場など、名所になっています。

ブダペストでは、レヒネル・エデンの建築を見るのが、
1つの目的でした。
「西のガウディ」と並ぶ「東のレヒネル」。
マジャル文化を取り込んだ独特の様式です。
旧郵便貯金銀行、工芸美術館、地質学博物館と、
代表作3ケ所は回りました。

1日では大事なところをざっと見るだけでしたので、
今度はじっくり、時間をかけて来てみたい街です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する