Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



後回し
2015年10月2日(金)
10月のレッスンも始まり、生き返ったような気がしています。
皆様の作品が素晴らしく・・・
アレンジも見事ですし、作品をまとめあげる力があるからこそですね。
一例では、「モンサンミッシェル・グラスホルダー」の作品に取り組んでくださる方が多いのですが、
Wpp316.jpg
私のものは、ワインのボトルに乗せて、ワイングラスを2つセット出来る素材で、
あっさり、小さい作品なのですが、
皆様の作品は、どれも眼を見張る、工夫、アレンジ、、、、
・流木で額縁を作った大作あり、
・ミニアチュール風の精密で清潔なスタイルあり、
・オレンジの岩肌色の美しい、画家タッチの作品あり、
・繊細に描きこんだディテールのテーブルトップあり、
・美術館並みのタペストリーあり、、、
どちらが先生が分からないくらい、見応えのある作品に、狂喜乱舞、のレッスン時間。
手前のエリアを、草原に羊でなく、水面にして、
鏡のように、モンサンミッシェルが映り込むデザインに変えた方もいて、
皆様のセンスが発揮されて、
本当に自由に楽しめて、理想的だと思っています。
私は、水面になさった方へは、水面の描き方などご説明しながら、
描きたい気持ちがウズウズしてきます。
こんな風にレッスンさせていただけることは、幸せだと実感します。

相変わらず、トールペイントが一番の大事なことであることは、
プチ休暇の後も変わっていませんが、
今回の体調不良が立て続けに来たことなど、考え直し、
少し力配分を変えて行こうと思っています。
後回しにしてきたことなども、、、
今までは、トールが全てで、、、
最初は、育児の合間にトールの時間を確保するのもやっとでしたし、
どこか旅行に行ったり、遊ぶよりも、
とにかく作品を一つでも多く、
休日、お盆、お正月などは、一番制作の追い込みが出来る絶好の機会でした。
締切に追われ、新作に追われ、
18年間ずっと、描く時間が取れると、それが満足だったのです。
でも、家族でお出かけするとか、旅行に行くとか、
後回しにしてきたこと、は、
したくなかったわけではありません。
ただ、トールペイントより優先順位が低かったのです。。。
今回、娘がたまたま遅い夏休みが取れて、一緒に旅行に行けて、、、
一緒に行きたいと思いつつ、いつも締切があっていけないままで、8年も出かけてなかったこと、
(そしてその8年前も、トールのコンベンションに連れていったのでした
そして、いつか、今度、来月、来年と先延ばししているうちに、
娘も自由に出かけられなくなってしまうし、
私自身も、一緒に思いきり歩き回れるのは、年齢制限もあるのだと思いました。
忙しいと、優先順位1番のことを何とかするのがやっとで、
2番以降のことは出来ないのですね。。。
先延ばしするっていうことは、優先順位が低かったわけです。
少し力配分を変えることで、後回しにしてきたことも、
少しずつ、大切にしていこうと思っています。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/03 13:04】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する