Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



日本橋三越イベント

2015年12月13日(日)
日本橋三越の準備真最中だった10日前、、、
そこで私の時計が止まってしまったかのようです。

10日前の夜、救急車からの電話で、
母が車に跳ねられ、意識不明とのこと。
急きょ田舎に、帰ったときはこれ程のこととは。。。
母が横断歩道を歩いているときに、
不注意な車が気付かず、はね飛ばし、
母の体は5メートルも飛んだとのこと。
脳内出血に、骨盤は修復するのが不可能なくらいメチャクチャ、、、
何とか命を取り留めた後も、
ずっと眠り続けています。
私に出来るのは、話しかけたり、撫でたりすることくらい。
85歳という年のわりに若く元気で、
シャキシャキ歩けるし、仕事もテキパキ。
持病もなく、東京までも自分たちだけで来られるし、
先日もアフタヌーンティーを楽しみ、
プラド美術館展も行ってたのに。。

警察の方が、交通事故被害者のガイドブックをくれましたが、
とても読む気になれずにいます。

私達家族の想いが母の意識に届くように、、、
ただそれだけを願って。
こんな意識状態ですが、骨盤の手術は
タイムリミットがあり、、、
歩くのは無理そうですが、
手術を受けることになりました。

楽しみでした日本橋三越イベントも、
残念ながらキャンセルさせていただきました。
看板、招待状に、私の名前も出ているので、
一緒のブースの土橋さん、理才さん、小島さんが、
私の商品を売って下さるとのこと。
ご好意に甘え、
セカンドオピニオンで東京に戻った合間に、
値段つけなど少しだけ始めましたが、
母が日本橋三越に来てくれると言っていたことなど思い出され、
今までの緊張が急に緩み、
涙腺が壊れてしまったみたいに泣けて泣けて。。。
とても梱包できず、ほんの少しだけ送らせていただきました。
形だけでも参加させて下さったブースのお友達に感謝しています。
どうぞ大成功のイベントになりますように。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する