Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



色彩セミナー準備



2016年5月15日(日)
セミナーの準備は、だいたい1ケ月くらいかけて、
資料を集めたり、調べたり、
色彩学講座の場合は、前に勉強したものを復習し直したりもあります。
集中的にまとめるのは、直前1週間くらいですが、
殆ど外出せず、籠って仕上げます。
この土日も籠ってたので、またまたちょっと太りました(^^;
色彩学講座資料14ページ、
作品描く用の拡大ステップ図9ページ、
後は次回の準備用のインストラクションなど。

色彩学講座も4回目、
ずいぶん内容も進み、基本的な色のことから始まり、
作品でのコントロールの仕方、
また、色をコントロールすることで、
メタルやグラスの質感も描けるので、
今回は『ティンタイル・ワイングラス』を描きます。
更に、代表的な色彩プランもご紹介しますので、
ご自分で色彩プランを立てていけるように、ご説明致しますね。

セミナーの良い点は、一つの作品についての準備期間が取れることかしら、と思います。
基本パケットはコンパクトにまとめてあるものですが、
通常クラスの皆様、しっかり実力つけていらっしゃって、
それで充分描けてしまうので、
素晴らしいです。
私も全部の作品に、たくさん資料が作れたら、もっと良いのですが。。。

色彩学講座をさせていただくにあたり、
今までの色彩の勉強を形にまとめることが出来、
とても嬉しく思っています。
ご参加の皆様も、実力派の方ばかり、
豊富なご経験から、色についても、
思い当たることが多いようで、
実感として、理解していただけていると思います。
明日、お目にかかるのを楽しみに、デモボードもラストスパート。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/05/17 17:52】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する