Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



1歩ずつ
2016年10月18日(火)


いろいろご心配おかけしております。
なかなか、調子を取り戻せずにいまして、
ブログもずっと更新出来ずにおりました。
言葉が繋がらないので、文章が書けずにいたのです。
ちゃんとご挨拶、したかったのですが、申し訳ありません。。。

9ヶ月は、病院とそれに関わる諸手続き、雑用も山積みで、
ずっと全速力で走っていたような気がして、
それが、突然、ストップしたら、
今度は、どこに歩き出して良いのか、分からなく、途方にくれてしまったような感じなのです。
とにかく、9ヶ月、どんなに手を尽くしても、
母を笑顔にすることは出来なかったことが、残念で、その無力感もあって。
でも、意識がしっかりあったら、かえって、指も動かせず、横たわっているだけでは、
あまりにも辛すぎる長い時間なので、分からない方が良かった気もしたりしています。
母が頑張ってくれた時間は、私達に出来ることをする機会を与えてくれた、
そういう時間だったと、受け入れるのにも、時間がかかりました。

気が抜けてしまっていましたが、
レッスンに行くと、とても励まされています。
皆様の手で、美しい作品が、花開いていくのを見るだけで、
どんなに癒され、生き返る思いがしていることか。。。
通ってくださる皆様に、心より、感謝しています。
私の人生にとても大事な方々のお顔を拝見して、とても元気づけられましたし、
たくさんのお気遣い、こんなに美しいお花、
本当にありがとうございました。
思えば、入院中も、レッスンは心の支えでした。
仕事の責任を果たすことが、大変なときこそ、支えになる、とアドバイスいただきましたが、
確かに、私の場合も、レッスンや、雑誌の仕事をすることで、
随分、救われました。
レッスンがなかったら、母の苦しい状態だけを見ていたら、
一気に私はまいっていたと思います。
皆様と出会えたトールペイント、大事にしていきたいと思います。

一歩ずつですが、お仕事も進めています。
どうぞこれからもよろしくお願い致します。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する