FC2ブログ
Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



イリデスント・カラー




2017年12月11日(月)
柏セミナー、『Blue Ivy Sundial』終わりました!
さすが実力派の皆様、物思いにふける女性像を見事に表現し、
そして、その上で、各自の個性が強く出るのも、
人物画の面白いところですね。
小悪魔的なカルメン風になったり、
大人っぽく深い眼差しになったり、
仕上がりがとても楽しみです♪♪

そして、この作品は全面に
オリジナル・テクニックのクロコダイル・パターンを使用してます。
この時使用している、ジョソーニャのイリデスント・カラーも話題に出ました。
玉虫色のこの絵の具(画像1)は、最近廃番で入手出来ないのです。。。
経験豊かな皆様なので、代用絵の具の情報をいただきました。
ターナーアクリルガッシュのラメカラーが使えるかも?

私も今回、手持ち絵の具も検討してみました。
リキテックスのイリデスントカラー(画像2)は、
Iridescentの名前ついてるけど、全然玉虫色ではなく、
ただのメタリック色でした。。。

ターナーのアクリルガッシュのラメ(画像3)は、
私の持っているのは、ただのラメ入りの感じ。
蛍光色寄りでした。
ただ、ブラックダイアモンドやパールは素敵そうなので、探してみるつもりです♪♪

他に、パールっぽいのであれば、
デコアートのパーライジングメディウム(画像4)があるのですが、
これは、絵の具に混ぜるとパール色になるので便利です。
良く使うセラムのパールフィニッシュとの違いは、
パールフィニッシュの方は白のパール色なので、
他の色味の絵の具を混ざると、白とパール混ぜたことになって、
パステルカラーのパール色になります。
パーライジングメディウムの方は白なしのパール色になります。

・・・パール色でもクロコダイルパターンには、メタリックな質感出るので良いかとも思います。
ラメも効果的かもしれないですね。
ただIridescentの、見る方向に寄って全然色が違う効果、
そこが欲しい時は、この絵の具の代用品がちょっと、他にはない感じかも?
残念です。。。

こんな情報交換が出来るのも、
勉強熱心な皆様とご一緒出来るおかげです。
充実したお時間、ありがとうございましたm(__)m
スポンサーサイト