FC2ブログ
Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



『翌日のシンデレラの日時計』セミナー



2018年2月19日(月)
アシーナさん、『翌日のシンデレラの日時計』セミナー、終了しました。
無事、修復も完成♪♪
出来るだけ、前の部分を残しつつ、
金箔、無くなった部分は貼り足し、
色味を近づけました。
当初は、フィーリングで着色していく、アーティストっぽい描き方でしたが、
修復は真逆。
あちこちラフに色が点在している原画のコピーを見ながら、
出来るだけ正確に再現していきます。
(コピーがあって、良かった~~(*^^*))

特に顔は何より作品の看板。
微妙な表情の違いで、作品全体の印象が全く違うものです。
今回のデモボード2枚、同じ私が描いても、
顔の雰囲気が微妙に違ってしまうくらいなので、
油性ペンのゴーストを消した後の顔の描き直しは、
特に神経を使い、、、
最後のペン入れしたラインは消さないで、そのまま使い、
ゴーストのラインや肌のみペイントし直し、
極力、受賞時の状態を忠実に再現しました♪♪

セミナーの皆様も、ラフ過ぎる描き方もすぐ飲み込んで、
表情豊かなシンデレラが続々誕生。。。
さすがベテラン実力派揃い。
優しいシンデレラ、
決意を秘めたシンデレラ、
中世宗教画風シンデレラ、
超美人なシンデレラ、
サンプルと寸分違わぬシンデレラ、、、
人物は、本当に強く個性が出ますね~。
モチーフ多めですが、
全部、同じ描き方です。
色を回す時は、修復とは違いますから、
サンプルと全く同じ場所に同じ色である必要はないので、
自分の感性の赴くまま、
欲しい色をドンドン、乗せていって下さいねm(__)m

受賞作品展から帰って来て、
幻のシンデレラになっていましたこの作品。
セミナーのおかげで、
14年お蔵入りだったこの作品も、
やっと生き返らすことが出来ました。
寒い時期に、ご参加、
ありがとうございましたm(__)m




スポンサーサイト