FC2ブログ
Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



ゲイル先生の時計

2018年4月6日(金)
いつも帰国後は、時差に悩まされますが、
今回のずれ方は、すごく早起きの人、位でした。
夕方には眠くて眠くて、夕食片付け後にはダウン、
朝2時や4時から起きて活動。
ですから、息子の社会人スタートの早起き生活も楽々♪♪
アメリカ、西海岸だったからでしょうか?
朝が早いと、何だか仕事も捗る感じ、
6時前からアイロンかけ、書類作り、、、
朝型生活、良いですね(*^^*)

4月のレッスンも始まり、
皆様の見事な作品に、感嘆しています。
金曜は、色彩学の最終回。
代表的なカラースキームを、実例で実感出来るように追っていきます。
さすが経験豊かな皆様、、、
良い質問も続々と出ました。
色彩計画を立てるとき、メインのモチーフをまず何色にしようか、と考えていく、という方、
なるほど、本当ですね~。
そのアプローチ、確かに良くあると思います。
イメージを何色にしようか、というドミナントを考えるアプローチと、
一致する部分もあり、
違ってくる場合もあります。
こんな経験豊かだからこそ生まれるご質問を、
皆様で共有出来るのが、クラスで行うメリットだと思います♪♪
良いご質問、ありがとうございましたm(__)m

こちらの画像は、オレゴンで購入してきましたゲイル先生の時計♪♪
ゲイル先生はローズマリング以外に、
こういったヨーロピアン・フローラルの作品も描かれています。
私の自宅に合うピンク系の作品と迷いましたが、
こちらの方がモチーフたくさんあって、
参考になるので、こちらに決めました♪♪
カラースキームを考えてみると、こちらはポリクロマティック。
これだけモチーフあると、12色、使えますね。
良く色が回っていますね~。
美しいと思う快適な作品は、
色彩学的にも成功してることが良く分かります。

講座は最終回でしたが、この後も、色彩学がらみのご質問、
いつでもお待ちしています。m(__)m

スポンサーサイト