Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



アーツ&クラフツ展の本
2009年3月28日(土)
昨日覗いたアーツ&クラフツ展のカタログ本
bkArtCrft.jpg
表紙になっている時計も、、、ペインター心が疼きます!
とにかくアーツ&クラフツ運動は、身近な生活にアートを生かすわけなので、
トールペインティングの原点な気がします。
あのロマンティックな画風のロセッティもステンドグラスを制作しているんですね~!
ExArtCftPf.jpg
パンフレットになっている有名な『いちご泥棒』は、
アートに興味のない方も、どこかで眼にしたことがあるはず。
1点ずつの手作りは、ペインターの通常の作品制作と同じだと思いますが、
壁紙など量産品を製造する仕組み、が、現代では難しい気がします。
bkMorris.jpg
会場にはこんな本もあって、思わず購入。
図版がきれいです♪
もっと画像が大きい『ウィリアム・モリス100のデザイン』という本も誘惑が大きかったですが、
実際の作品に使うわけではないし(他の方のデザインは使えないし)、、、
価格も¥4800ですし、、、
と断念してしまいました。。
でもじっくり見たら勉強になったかも・・・?
残すところ1週間、
今週末は月曜の打ち合わせの書類作り。。。
火曜には作品を描かなくては。。
4月1日~4日は埋まってるので、後は行けるとしたら最終日。。。
う~~ん・・・
またご縁があれば、どこかで出会うこともあるでしょう~。
本とも、、出会いがありますよね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する