Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



19色の絵具
2009年5月29日(金)
トールペイント認定講座のチラシをお配りしました。
Crcltirs.jpg
今回の文部科学省許可の認定講座、
ビーズなどのクラフトでも文部科学省の認定を出している、
日本余暇文化振興会というところが行います。
トールペイントは長く腕を磨いて、どんどん技術も表現もレベルアップ出来て、
奥が深いのは、永く携わっている方なら勿論ご存知だと思います。
でも、今回は、難しくなく、でもきちんと技術を伝えることを主眼に、
初級に絞って、トールの普及を願ったカリキュラムを組みました。
用意する絵具も、各先生まちまちで、100色も用意するとなると、
教える方も学ぶ方も大変、ということで、
絞った19色で全作品制作出来るようにしています。sai.palette
これが意外と大変で、作家の方は、やはり好みの色調もあって、
渋い彩度の低い色調の方も入れば、鮮やかな色が得意な方もいて・・・
共通色もあまりなく、結局基本的な色、応用の効く色を絞りました。
作家の方は、さすがプロ!
この色で制作して下さい、とお願いすれば、
ちゃんとカリキュラムのテクニックも盛り込みつつ、限られた色で、
ご自分の作風の作品を制作して下さいました。
ゲイル・オーラムは、普段ジョソーニャの絵具でしたので、
今回のデコアートの19色の中で、
いつも使っていらっしゃるジョソーニャのこの色は、指定色のこの色で代用出来そう、
とリストにしてお渡ししました。絵の具
出来上がった作品は、、、
もう、ちゃんとゲイル・オーラムの作品ですよね~!!

トールを扱っている業者の方でさえ、トールのビジネスを控え気味な昨今、
こういった間口の広い、公的な資格が出来ることで、
トールペイントへの呼び水になれば、と願っています。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する