Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



マカロン・パリジャン
20090628074518
2009年6月28日(日)
JDPAコンヴェンション、大勢の方にご来場いただき、
ありがとうございました。
会期が3日間と短いので、お仕事のある方など、
ご都合つけるのが大変だったのでは、と思います。
いらっしゃれた方は、膨大な作品の陳列や、ブースでのお買い物、
楽しめたでしょうか?
私も今回はブースで参加し、多くの方から刺激をいただき、
また馴染んだお顔に会場で出会えることでたくさん励まされました。
それがなかったら、SDP、JDPAと続いた日程、乗り切れなかったと思います。
本当にありがとうございます。

SDPでもJDPAでも、いろんな参加の仕方があると思いました。
ご来場下さると勿論盛り上がって嬉しいですが、
遠方から出品して下さるのも大きなサポートだし、
役員の方の献身的な仕事がなければ、こんな大きなコンヴェンションは実現不可能でしょう。
そして多くのことがボランティアに支えられています。
でも、そんな活動も、見に来て下さる方がいなくては、空振りになってしまいます。。
どれが一番、ではなく、
それぞれの立場で、それぞれ参加することが大事だという気がしています。

それは、コンヴェンションに限らず。。。
ペイント全体を見ても。
私自身は、有名な作家が偉いとも、検定が一番大事とも思いませんが、
それぞれにとって大切なことがあるだろうと思います。
そして自分が一生懸命する意味があると思ったことに取り組むことが、
少しずつ実っていくと良いと思います。
勉強でも、楽しみでも。。
SDPに行って良く感じるのは、
有名な作家も、MDAの方も、ブースを持っている方も、
みんな1ペインター、ということです。
ピラミッド構造もないし、
偉いから雑用はしない、なんて考えはなく、
居心地良く頑張れます。

私もいつもブースを出せるとは限らない。
事情が許すこと、、、出来ることを出来るだけしていこうと思います。
画像は、会場にも展示しましたJDPA図録掲載作品。
『マカロン・パリジャン』
フェイバリット・レシピ・シリーズです。。

搬出が終わり、昨夜はダウンしてしまったので、今朝は5時前から起きてます♪
息子が今日の記録会に作ってたゼッケンが、、、
しつけ状態、というか・・・
縫ってない辺もあるし、波打ってるし、、、
ミシンをかけて、何とか送り出しました~。

今日はテキストの最終校正。
…と雑誌の新作も締め切り。
朝は意欲が沸きますね!
皆様も良い1日を。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する