Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



上大岡セミナー準備
100207_1837~01.jpg
2010年2月7日(日)
先日から取りかかっていたセミナーの下準備も追い込みです
  ①シーラー(下塗り剤)
  ②ベースコート
  ③ベースコート2回め
  ④マスキングして右枠ベースコート
  ⑤マスキングして左枠ベースコート
まで終了しました♪♪

このベースコートとマスキング、皆さんはどちらが時間かかるでしょう??
私の場合、マスキングに圧倒的に時間をかけます。
今回のように、直線のエリアに分けるときなど、
曲がっていたり、平行でなかったりすると、
いつまでも違和感が残ります。。
そこで、こういう枠を塗るときは、トレースしたラインだと僅かの歪みも出るため、
定規で計りながらマスキングしていきます。
そこの一手間で仕上がりが違います♪
急がば回れ、って感じ?
勿論、全ての工程の間に軽いやすりかけするのも大事ですね!

セミナーは2時間半なので、スタンプで装飾したら、
重点的にガラスの質感の出し方にフォーカスを充てます♪

持ち物は、通常のペイント用具、
  平筆12号、6号、後細い0号か2号ライナー筆5/0号くらいの細いもの。
  マスキングテープ、はさみ、歯ブラシ(スパッタリング用)、
  エプロン、水入れ
などです。
絵具は会場に用意されています。
アンジュ、京急のHPにも掲載されてます

さぁ!後トレース!!
1ヶ10分、目標3時間でがんばりま~す♪
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する