Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



『ボタンでつくるコスチュームジュエリ-』
2010年3月5日(金)
イベントに紛れてご紹介が遅れてしまいましたが、
コスチュームジュエリー作家の高木洋恵先生が、本を出版されました。
BkTakagi.jpg  『ボタンでつくるコスチュームジュエリー』(日之出出版)

コスチュームジュエリーとは、本物の宝石以外の素材を使ったジュエリーですが、
かのココ・シャネルやミリアム・ハスケルの作品で一目瞭然のように、
洗練されたデザインは、ビーズクラフトを更に発展・成熟させ、まさにアート。
高木洋恵先生は、コスチュームジュエラーの中でも第一人者ですが、
今回の本はボタンを素材に組み入れて、独自の世界を築いています。
秋に放送されていた、香里奈主演のドラマ『リアル・クローズ』のある回では、
コスチューム・ジュエリーのショップが出てきますが、
そちらの作品も高木先生のものです。

この本の中では、ドラマに登場した作品以外にも素敵なジュエリーの世界が満載。
私がペイントしたボタンもジュエリーに変身。
BkTakagi24.jpg  『ボタンでつくるコスチュームジュエリー』P.24
こちらは、径15mm~18mmのボタンに百合やパンジーをペイントしました。
とにかく小さい~~!!
BkTakagi25.jpg BkTakagi25n.jpg  『ボタンでつくるコスチュームジュエリー』P.25
こちらは30mmのボタンにバラをペイントしています。
(トールペイント制作 島貫尚美、と名前を記載してくださっています。お気遣いありがとうございます。m(_ _)m)

秋に制作してたときは、ふつーにこのサイズは描けました・・・
ところが、、、この冬で一気に、、、裸眼でないといけなく。。。
老眼って、一気に来るもの???
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/03/07 19:08】 | # [ 編集]

コメント、ありがとうございます♪
3年前からなんですね~~♪
微妙に嬉しい。
同じ近視の方が苦労してるってわかって。。!!
メガネは作られました???
【2010/03/08 14:01】 URL | ナオミ.S #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する