Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



アニュアル・ミーティングとブー ス・オープン

無事帰国しました♪
カンファレンスのご報告を少し。
2010年5月19日(水)
水曜の午前中は、恒例のアニュアル・ミーティング。
活動報告や役員選挙、検定の合格発表などがあります。
良く日本のペインターで、CDA、MDAと聞くと思いますが、それはSDPのもので、ここで発表されます。
技術認定、つまりテストで、色彩理論を理解し、使いこなせることを課題作品上で証明します。
大変厳密な審査が行われ、後で受け取るクリティーク(批評)がまた勉強に役立ちます。
今年も勉強熱心な日本人ペインターの名前が、
たくさん読み上げられました。
MDAは3部門の合格が必要ですが、
MDAを1部門か2部門持っていた40人以上の日本人のうち、
今年は1人がMDAとなりました!
*会場発表は1名でしたが、帰国後確認したら2名でした。m(_ _)m
おめでとうございます!
さて、いつもならアーティスト性を競うコンテストの受賞者の発表もあるところ…、
今年は募集がなかったようです。
DACのアンディに聞くと、
今年は見送ったけど、いろいろ検討して、
より良いものにしたい、とのこと。
コンテストは新しい才能の発掘、ペイントの発展に役立つので、
新たな試みに期待したいですね♪

この日は夕方、ブースがオープン♪
新しいメディウム、ユニークな素材、各作家の新作・・・!
ここのところ、ブースの数は減少傾向にありますが、、、
やっぱりもう一つスーツケース持ってけば良かった…!!

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する