Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



地震のとき


2011年3月14日(月)
酷い、地震でした。
TVの画像を見るたび、その悲惨さに苦しくなります。
また、ご家族の安否を確認したい気持ちも、、、胸に迫ります。
皆様はご無事でしたか?

地震のとき。
3月11日は、なんとか駆け込みで予約がとれた人間ドックでした。
…ですが、今度は来月発売の『アートクラフト』の校正締切。
検査に呼ばれる合間に原稿と赤ペンと格闘。

面談も終わって、原稿も一周は見終わり、うちに電話すると、
「何か美味しいもの買ってきて
と子供たちが。。。
元住吉は商店街も充実してるので、何を買おうか物色してるとき、、、
起きたのです!
大地震が。。。
  地面がかつてないほど揺れてるし、
  お店の中からみんな飛び出して来てるし、
  電柱もユラユラ・・・
  いっぱい荷物を乗せた自転車を倒して、怖がっている人たちも。
私は上から商店街の看板とか、落ちてこないか見上げながら、
ちょっと食べ物を買って駅に向かうと、
もう駅は閉鎖。電車も止まってて。
うちに電話しても一向にかからないし。
携帯はこういうとき、全然ダメですね~
やはり子供たちの安否が一番気がかりで、
駅前に1つだけある公衆電話に30分並んで、無事なのが分かってホッとしました。

それから、、、この停電や、電車のストップは長く続くのかも、、、と考えて、
うちまで丸子橋を越え、歩くことにしました。
ワンセグでニュースをチェックしながら、、、
1時間半・・・
翌日は足がボロボロでしたが、いいダイエットになったかも。。。

主人は出張先で帰宅難民に。
夜通し8時間歩いて避難所に。
更にそこに一泊して、やっとバスが出て、昨日夕方帰宅しました。

帰宅難民はとっても多く、
子供たちも学校や友達の家に泊まったりもあったようです。。。
停電してる地域とは、なかなか電話連絡もとれなくて、
実家の安否の確認もかなりかかりました。
大津波警報も出ていたので、心配しましたが、大丈夫でした。
余震が続いて、寝苦しい夜、TVをつけたまま情報を追っています。
被災された方々のことを思うと、何か出来ないか思ったりして、時間が過ぎていきます。
広範囲でしたので、多くの方が、安否を心配していらっしゃると思います。
どうか少しでも早く、少しでも多く、救援の手が届きますように。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する