Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



SDPから救援の呼びかけ
2011年3月18日(金)
東北関東大震災から1週間ですが。。。
先のブログにいただいたコメントからもうかがえるように、
世界中が、被災している方々、そして日本を、心配し、応援してくれています。
SDPからも、こんなメールがメンバーに向けて届きました。
SDPは、私も所属している、ペインティングの世界的な団体です。
   (以下、私の拙い訳ですが・・・)

**********
SDPの皆様へ

ご存知のとおり、SDPは、ペインティングへの愛で結び付けられた国際的な家族です。
私たちは、お互いに、メンバー皆を深く愛していますし、
何らかの危機が起きると、私たち皆は更に親密になるのです。

日本での地震発生、津波、そして結果として起こった原子力の危機を見守るにつれ、
日本に住む、784人のSDPのメンバー、及びそのご家族が心配で、胸がひどく痛みます。

SDPの理事及びスタッフは、
日本のペインティングの兄弟姉妹、及び日本に住み、学び、働く、SDPメンバーのご家族への、
あなたの愛情こもったお心遣いや、祈りをお送りいただくことを、お願いしたいと思います。
勇敢なチームが、自分の命の危険をかえりみず、
破損した原子力発電所の危険を最小にすべく、働いていることも
どうぞ忘れないで下さい。

清水美穂さんのご家族を探す、たくさんのEメールやお電話をメンバーからいただきました。
美穂さんは、SDPの日本関係の担当者です。
美穂さんは、カンザス、ウィチタのSDP本部で働いていますが、
ご家族は日本に住んでいるのです。
ご家族の無事と、美穂さんが皆様のご心配や助けをとても感謝していることを
お伝えでき、私たちもほっとしております。
日本に住むメンバーから幾つかメッセージが着き、とても喜んでいます。
勿論、通信手段の故障や、電力不足のため、多くの方はコンタクト出来ないと思いますが。

美穂さんは、日本にいるSDPメンバーとコンタクトをとっていますが、
連絡出来た方々は、アメリカや他の国がくり出してくれた、救助や援助のチームに、
深く感謝しているとのことです。

どうぞ、もし出来るなら、あなたの選んだ、緊急救援の団体へのご寄付をご検討下さい。
下記のWebに掲載のリストを見て、妥当な団体を確認するのが良いかと思います。
www.networkforgood.org
こちらのWebサイトには、日本に対する救援をする団体の広範な情報があります。

日本にすむペインティングの家族であるメンバーへの、あなたのお気遣いの祈り、メッセージ、
ありがとうございます。

SDP理事及びスタッフ

**********

世界中が、日本のために何かしないと、と動いてくれています。
災害は、、、人類共通の敵ですが、
世界の心を一つにもしてくれる。。。
私たちも、出来ることを、少しずつしていきたいと思います。

*****以下原文も記載致します*****
Dear SDP Friend:


As you know, SDP is an international family, bound together by our love of painting. We care deeply about each and every one of our members, and when a crisis occurs, that brings all of us closer together.


As we follow the events of the earthquake, tsunami, and resulting nuclear crisis in Japan, our hearts are heavy with concern for our 784 SDP members who live there, as well as for their families.

The SDP Board of Directors and staff ask that you send your loving thoughts and prayers to our painting brothers and sisters in Japan and to family of SDP members who are living, studying, or doing business in Japan. Please keep in your hearts, too, the brave teams of workers who are risking their lives to minimize the dangers at the damaged nuclear plants.


We have many emails and calls from members inquiring about the family of Miho Shimizu Halsey, who is in charge of Japanese relations at SDP. Miho works at SDP Headquarters in Wichita, Kan., but her family resides in Japan. We are relieved to announce that Miho’s family is safe and she is grateful for your concern and support. A few messages from members who live in Japan have arrived, and we are so glad to hear from these members. Many cannot contact us, of course, due to widespread breakdown of communications and lack of electric power.

Miho has been working to contact SDP members in Japan, and those she has been able to reach have expressed deep gratitude for the rescue and aid efforts provided by teams from the U.S. and other countries.

Please, if you are able, consider making a donation to the emergency relief organization of your choice. A good way to identify a legitimate organization is to look at the list on www.networkforgood.org. This website has extensive info about organizations that are providing aid to those affected in Japan.

Thank you for your prayers and messages of concern for the members of our painting family in Japan.



Board of Directors and Staff
Society of Decorative Painters
**********


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する