Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



母の日


2011年5月8日(日)
ご無沙汰していました。
ゴールデンウィークも、雑用と締め切り、、、
     (あ!でもその合間に1泊遊びました これは後で書きます~
母の日もこもって、締め切り作品。。。
相変わらずの毎日なので、誰も覚えてないと思いましたが、
子供たちからプレゼントをもらいました
息子からは、カーネーションの鉢植え、
娘からは、ロクシタンのハンドクリームとソープです。
息子は、自主的にプレゼントする方ではないので、
主人に言われて、で、ごくごくお決まりのカーネーションですが、
そんなありきたりの平和が尊く思えます。
平和や、幸福は、ありきたりで、平凡で、
みんな似たような顔をしているのが一番です。
不幸や、悲劇は、それぞれみんな違うので、、、

子供たちからのプレゼントには、ちょっと感動して、
息子がはるか昔、幼稚園のバザーで買って、私にくれたものを思い出します。
小さな発泡スチロールのトレイで、苺柄。
どういったいきさつかは幼稚園児の息子は説明してくれなかったし、覚えてもいないと思います。
バザーで、お母さんにあげたら、みたいな話で、彼がゲットしたらしいのですが、
これは、なんといっても、息子からの最初のプレゼント。
引越しのときも処分出来ず、今もしまってあります
墓場まで持っていきたいと思う大切なものです。
想い出は、他の人には無価値かもしれないけど、、、
お金では買えない、かけがえのないもの、があります。
先の津波では、たくさんのそんな想い出が流されてしまったと思うと、
胸が痛みます。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する