Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



紫陽花
2011年6月26日(日)
6月も余すところ後数日。。。
6月といえば、紫陽花ですが、
こんな紫陽花のフックもあります。
Wpp023ar.jpg
古い作品で、前にご紹介しましたね?
丸い素材に、ちょうど一輪丸く紫陽花を配置して、
ガラスの丸いフックをつけました。
今は、このガラスのフックがもう入手出来なくて・・・
代替品を使うことになります。

スタディ・コースまで進んでいらっしゃる方は、
Wpp094.jpg  「アジサイのティーマット」
にこの時期取り組むことが出来ますね。
クラッキングや、レースのステンシル などのテクニックを入れて
アジサイの花をストロークで描いていきます。
シダなども、ティッピングの量をコントロールすることによって、
色の変化を付けていくので、比較的上級向けです。
ティッピングのコントロールについては、
『アートクラフト』(2011年春夏号)の連載ストローク講座、
「アネモネ・エンブレム」の作品でも扱いましたが、
色の差がきちんと出せるように描いていっていただけたら、と思います。

6月も終わり、、、って1年も半分が終わり、ってことですね。。。
…って、シミジミしてる場合じゃなく、、、締め切り~
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する