Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



「幸せなんでしょ?」
2011年8月14日(日)
お盆には、田舎の中学校の同窓会もありました。
私は高校から地元を離れてしまったので、なかなかお付き合いもなく、、、
40代になる頃から再開してくれた、時々の同窓会で、
同級生に会うことで、やっと繋がりを確認することが出来ます。
…が、仲の良かった友人を亡くしてからは、
締め切りとぶつかることが多かったこともありますが、
どうしても行く気力が沸かず、6年経っていました。。
このままではいけない・・・と思う中、
今年は、学年全体の同窓会の企画をしてくれて、
35年ぶりに他のクラスの人たちとも顔を合わす機会なので、出席したのです。
全く忘れていたこと、一緒に遊んだことがフラッシュバックしたり、、、
外見が全く分からない人たちも、話し始めると記憶が蘇ったり、、、
懐かしい、暖かい、感じでした。
FNskD1108a.jpgFNskD1108b.jpg

そんな中で、ある人が、私に尋ねました。
「幸せ、なんでしょ?」
ちょっと私は口ごもり、、、お茶をにごした感じ。。。
「平穏無事なんでしょ?」とか、
「元気なんでしょ?」とか、
だったら、すぐ、うん と肯定出来たと思うのですが、、、
幸せ・・・?
に、即答出来るには、、、
大切なものを失った痛みが強い気がして、、、
一番大事なものほど、手に入らない気がして、、、
もしかしたら、それは、人生に対する姿勢、
「人生が、まだ、これだけ残っている、今から」と考えるポジティブな生き方、
「人生は、もう、これだけしか残っていない」と考えるネガティブな生き方、
そんな考え方の差だけなのかもしれませんが。。。

ただ、そんな質問も、同窓生が口にすると、なんだか優しい気遣いの感じがして。。。
途中で帰らなくちゃいけない私を、外まで見送ってくれたさりげない優しさも温かくて。。。
私も、もっとそんな優しい言葉を何気なく言えるようになりたいと胸に沁みる日でした。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する