Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



信用のポイント
2013年7月4日(木)
その人を信用して良いかどうか、、、
仕事でも、プライベートでも、迷うことはあります。
特に自分に大きく関わる場合には、
信じたい気持ちがある分、みきわめたいものです。

その人の真実が見える魔法の鏡があったらいいのに、、、
時間をかけて、言動から判断するしかない。。。

私にとって、ポイントは2つかも、と最近思ってきました。

まず、
その人が「口にしたことは、実行されたことがあるでしょうか?」
「こうしたい」「こうする」と言ったのに、
いつも3日坊主で、いつも守られない。。。
勿論なんでも、一気に変えるのは無理だし、
人が出来ることって、大抵小さな一歩だけです。。。
でも、少しずつ、努力してる、という事実が数えられるでしょうか?
仕事だって、高い目標を掲げても、いろんな業者のしがらみで、
うまく進まないことだってあります。
方向を修正することだって、出てきます。
でも、目指すことのために、企画を何度も練り直し、業者を説得し、、、などなど、
頑張ってひねりだした解決策だったら、方向転換も納得できます。
でも、何にもしないで、頭の中で、モヤモヤ考えてるだけの人だったら?
何年もたっても、何一つしない。
「出来ない」と言いますが、「しない」のです。

次は
「言っていることが前と違う。
あるいは言っていたことと異なる言動をする。」


それは、時と場合によって、人間、間違えることもあります。
言ってることが間違っていて、過去も今も同じ意見だけど、間違え続けていることもある。
ただ、その人は、首尾一貫している。
信じたとおりを貫いているのです。
そういう人が、どこかで間違いに気づいたり、自分が頭が固かったことから一歩踏み出し、
理解して、意見が変更されるなら、それは良いです。

でも、通常は、
いい加減にその場に合わせたことを、調子良く口先だけで言っているから、
実際の行動が違ってしまうのでしょう。
言ったことを守ろうとする気もなければ、簡単に忘れてしまう。
あるいは、言ったときは本気の気分でも、
都合の良いように自分に言い訳して、守れなかったことを正当化してしまう。
こういう事情だから、守れなかった。
あのときとは事情が違うから、守る必要はない。
などなど。

どちらにしても、その無責任な言葉が、実行されることはないのです。
約束が果たされることもない。
何かを成し遂げる人は、そんなに自分に甘いはずはない。
決して、その人の一言を信じた相手でも、大事に出来ない人です。
そういう人の甘い言葉を信じてはいけない。
先のことは見えないから、、、そういうことで信じられるか、判断するしかない気がしています。

私は、出来ないことを、その場しのぎに「きっとします」と安請け合いしたくないし、
「します」と言ったことは、ちゃんと責任もって果たす人間でいたいです。
困難があっても、無理な日程でも、、、休みなんていらないから、頑張りたい。
仕事上の信頼のためにも勿論ですが、人間としての誠実さの基本ですよね。。。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する