Painter's Monologue
トールペインター島貫尚美MDA/DACAのブログ。 ペインティングの日々を徒然なるままに。
プロフィール

ナオミ.S

Author:ナオミ.S
島貫尚美MDA,DACA
・アメリカDACA'04年第1位
・DACA'05年Joan Johnson Award(最優秀賞)
・ペイントクラフト賞他国内外入賞多数
・作品は米DACミュージアムに正式保存
・数少ないSDPパーマネントコレクションに選出
・2013年受賞作品ルーブル美術館展示。審査員奨励賞受賞。

アメリカSDPデザイン・コミッティ役員に選出。
アメリカSDPセミナーでも活躍。
デザインからテクニック、理論まで指導にあたる。
台湾セミナー開催。
『島貫尚美のヴィクトリアンペインテイング』出版。

・文部科学省許可財団法人日本余暇文化振興会監修・認定トールペイント技能認定講座教科書監修、テクニックガイド著者。カリキュラム委員。本部講師。
・シルクスレッドアート本部講師。
・日本手芸普及協会認定講師。
・デコアート社ヘルピングアーティスト。
Studio703主宰。



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:



生足

2013年7月6日(土)
先週のパーティーでは、顔こそ笑っていますが、
写真に写っていない足は、生足で、、
会場の部屋と部屋の境の、小石を敷き詰められたスペースで転倒。。。
ワンピースに合わせた黒のストッキングは破れ、、、
大勢の方に「大丈夫?」とご心配いただき、、、
恥ずかしいやら、情けないやら。。。
ドジなことがばれてしまいました。
転びそうなところで、ちゃんと転ぶ・・・
『期待を裏切らない女』と言われています。

常備の替えのストッキングも、
パーティー用に小さいバッグにしたため、その日に限って持っていなく。
普段、持っていても、使った試しがないのに。
やむなく、ストッキングを脱いで、バンドエイドで応急処置。
いつもストッキングか、
うちでも、むくみ防止の着圧ソックスで、
生足なんて、なんだか心細い。。。

暫く素足でいたら、だんだん開放的な気分にも。
それに、 まあ、私たちの年代は、転んだら、まず、骨折。
擦り傷で済んだだけ、幸い、と思っていましたが、、、

何日かして、傷の周囲も痛いことに気づいて整形外科に。
打撲もしてました。
そして傷か乾きが遅いので、柔らかく治すテープを貼ってもらったら、
テープにかぶれ。。。
更に素足で歩いてたら、蚊に刺されて傷だらけに、、、
当初よりボロボロの悲惨な足に。
かぶれやすく、傷になりやすいので、
もう虫のいるところには、行きません

やっぱり、生足は無理ですね~。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する